二日酔い.com


二日酔いに関する情報をご紹介

【二日酔い防止の栄養素】

ピクリン酸

「ピクリン酸」という成分をご存知ですか?日常生活の中ではほとんど耳にしない言葉ですが、二日酔いに非常に高い効果のある成分として、最近にわかに注目されているのです。「ウィキペディア」でピクリン酸を調べてみると、「ニトロがどうのこうの…」だとか、「劇薬に指定されている…」だとか、あるいは「日露戦争では日本軍が火薬の原料として使っていた…」など、「何だか物騒なものだなぁ」という感じが受けますが、食品にも含まれている立派な成分なのです。

ピクリン酸が多く含まれている食品としては、やはり「梅干し」は外せないでしょう。日本古来の梅干しには、上記のような「物騒でありながら、二日酔いに効果のある成分」が多く含まれているのです。お酒好きの人の中には、「焼酎の梅割りは二日酔いしにくい」という話を聞いたことがあると思います。これは、「昔の人の知恵」ではなく、「ピクリン酸」が含まれているという立派な「科学データ」なんですね。

また、「梅ジャム」という方法もあります。焼酎を「そのままの梅干し」で割って飲む方法もありますが、梅を「ジャム」に加工したものを焼酎に入れても美味しいですね。作り方は、一般的なジャムの作り方でOKなのですが、梅の香りを残すためにも、極力、砂糖を少なめにして作ってください。こうすることで、「梅の香り」が楽しめるだけでなく、「二日酔いにもなりにくい」という効果が期待できるんですね。

ちなみに、私の母親も毎年のように梅ジャムを作っています。毎年、梅の季節になる6月ごろには、100キロ以上の梅が自宅に届き、家中が「梅の香り」で満たされるんですよ。そして、出来あがった「梅ジャム」で焼酎を飲んでいるのですが、私はこの梅ジャムで二日酔いをしたことがないのです。


▲このページの上部へ