二日酔い.com


二日酔いに関する情報をご紹介

【二日酔いの予防法】

安酒はやめておこう

何といってもこれですね。「安酒を飲まない!」、これが二日酔い防止には最も効果がある方法かもしれません。そもそも、アルコールは人体に有害な成分であり、そこに不純物などが混じっていると「さらに有害」ということになるのです。したがって、不純物などを多く含んでいる「安いお酒」ではなく、純度の高い「良いお酒」を飲むことで、少しでも肝臓への負担を和らげることが出来るのです。

皆さんは、日本酒のテレビCMなどでこんな宣伝を聞いたことはありませんか?「米だけで作ったお酒!」というものです。しかし、よく考えればこの宣伝はおかしいと思いませんか?そもそも日本酒は、「お米・水・コメ麹」で作るものです。したがって、「米だけで日本酒を作る」ことは当然なことなのに、わざわざ「米だけで…」と宣伝しているのです。何だか矛盾しているような宣伝だと思っていたのは私だけではないはずです。

この矛盾は、「3倍醸造」という「お酒の製法」に関係しているんですね。つまり、もともとのお酒を「醸造用アルコール」などで薄めて、「3倍の量を作ることが出来る」という作り方なのです。一見すると、「なんだよ!薄めているのか!」と怒ってしまうそうですが、お酒作りの「歴史」をひも解くと、この製法にも納得してもらえるはずです。

戦後、日本は深刻な「コメ不足」に陥りました。食べるお米すら不足していたのであれば、お酒用のコメがもっと不足していたのは簡単に想像できます。そこで、酒造メーカーは知恵を絞り、「少ないお米でもたくさんの人に日本酒を楽しんでほしい」と考えるようになったんですね。その中で、「3倍醸造」という技術が生まれたのです。

しかし、今ではこの技術は私たちに必要なものではありません。なにせ、「コメ余り」の時代ですので、今の3倍醸造は「金儲け」以外のなにものでもないのです。したがって、「米だけで作ったお酒」という宣伝が当たり前のように放送されているのです。要するに、「昔ながらのお酒」こそ、「不純物の少ない良いお酒」と言えるかもしれませんね。


▲このページの上部へ