二日酔い.com


二日酔いに関する情報をご紹介

【二日酔いの予防法】

タバコは控える

体内に入って来たアルコールは、肝臓に送られ、そこで分解される仕組みになっています。つまり、「分解しきれなかったアルコール」が「吐き気」や「頭痛」を引き起こし、これが「二日酔い」の症状なんですよ。ということは、体内に入ってきたアルコールを「完全に分解できるほどの肝臓」があれば、二日酔いに悩む必要もないということです。したがって、「肝機能を上げる」ということが大切になってくるんですね。

その意味では、「喫煙」はアルコール分解の「大きな敵」と言えるでしょう。肝臓がアルコールを分解するには、「ビタミンC」が欠かせません。しかし、タバコに含まれているニコチンは、「ビタミンC」を破壊する効果があり、それが肝臓の機能を低下させてしまうんですよ。

お酒を飲むと、どうしてもタバコが吸いたくなる気持ちは理解できます。最近は禁煙ブームになっていますが、しばらく禁煙している人も、「お酒を飲んだときだけは…」ということがありますよね。私も愛煙家ですが、お酒を飲んでいる時の喫煙量はやっぱり増えてしまいますね。

普段はそれほどヘビースモーカーではないのですが、お酒を飲んでいる時だけは「ひっきりなしに吸っている」ということもあるのです。しかし、タバコを吸えば吸うほどに、肝臓で分解できるアルコール量が減っていきますので、多少つらいかもしれませんが、お酒を飲んでいる時の喫煙は控えるようにしておきましょう。

また、どうしてもお酒を飲んでいる時の喫煙が我慢できないときは、飲んだ後に「ビタミンC」を含んでいるドリンクなどで対処しておきましょう。「CCレモン」なんかは人気ですね。飲み口もすっきりしていますし、喫煙で破壊されたビタミンCを補給することが出来るので、効率的に肝機能を上げることが出来るのです。


▲このページの上部へ