二日酔い.com


二日酔いに関する情報をご紹介

【二日酔いの解消法】

キノコや貝を食べる

「二日酔いの時にはミソ汁を飲む」という人も多いですね。私は、「二日酔いor目覚めスッキリ」にかかわらず毎朝ミソ汁を飲んでいますが、ミソには、意外なほどに二日酔いに効く成分が入っているのです。しかし、二日酔いの苦しさからいち早く脱却するには、ミソだけでは心細いと言えます。二日酔いに効果がある成分は他にもたくさんあり、それらをミソ汁の「具」として摂取することで、あの苦しさから早く回復することが出来るのです。

まずは「キノコ類」をためしてみましょう。キノコ類の多くには、「B-グルガン」という成分が含まれています。これが二日酔いに効果があるんですよ。「B-グルガン」には、肝機能を上げるという効果があるため、体内に残っているアルコールの分解を促進することが出来るんですね。

数あるキノコ類の中でも、特にオススメなのが「マイタケ」です。今では1パック「100円程度」で売られているため、できれば冷蔵庫に常備しておくと良いでしょう。マイタケは、流水で軽く洗い、食べやすい大きさにカットしたなら、あとはそのままミソ汁の中に「ダイブ」です。こうすることで、マイタケの「身」だけでなく、二日酔いに効果が高い「汁」も摂取できますので、二日酔いに効く食べ物としては十分に合格点を与えられるでしょう。

また、「貝類」も二日酔いには高い効果がありますね。私の場合はもっぱら「シジミ」です。1年中スーパーで買うことが出来ますし、また、値段も安いため、私の家の冷凍庫には常にシジミが眠っています。シジミには、「すぐに腐る」というイメージがありますが、密閉できるビニール袋に入れて、冷凍しておくと1カ月くらいは大丈夫ですよ。私も、1カ月以上前のシジミを平気で使っていますが、とくに健康に問題は出ていません。そのシジミを、ミソ汁の中にダイブさせてやれば、簡単に「シジミ汁」を作ることが出来ます。

二日酔いの朝には、「何も食べたくない…」ということがあります。しかし、「ミソ汁くらいなら大丈夫」という人も多いと思いますので、ぜひここに貝類やキノコ類を入れて、いち早く二日酔いの苦しさから逃れるようにしておきましょう!


▲このページの上部へ