二日酔い.com


二日酔いに関する情報をご紹介

【二日酔いの基礎知識】

犬も二日酔いになる!?

私の知り合いは以前、「犬」をペットに飼っていました。特に「しつけ」をすることがなかったので、俗に言う「バカ犬」に成長してしまったのですが、人懐っこい犬であったため、近所ではアイドルのような存在でした。実はこの犬、お酒を飲むんですよ。

飼い主である知り合いは、毎晩のように「ウィスキー」を飲んでいました。知り合いが買っていた犬は、子犬の時は「ウィスキーの匂い」だけで逃げていたのですが、大人になるにしたがって逃げなくなり、そのうち、興味を持って近寄ってくるようになったんですね。知り合いも、面白がって手に少しウィスキーを取り、犬のまえに持っていくと、なんとペロペロ舐めはじめたのです。ビールならともかく、ウィスキーを、しかもストレートで舐めたんですね。

しばらくすると、この犬が「不自然な行動」を始めたのです。いつもならソファーの上に寝転んで大人しくしているものの、その時だけは知り合いに「必要以上に甘えて」みたり、壁に向かってワンワン吠えたりなど、間違いなく「酔っ払っている」という状態です。さらにしばらくすると、今度は「二日酔い」になったのか、鼻をクンクン鳴らしながらグッタリし始めたんですよ。

後日、ペットショップに行った知り合いは、この時の出来事を店員さんに話したそうです。すると、「犬も好みによってお酒を飲むことはあります。中には、ご主人が飲むお酒を好んで飲むワンちゃんもいるんですよ。ただし、犬の体の構造上、アルコール分解力は人間よりもはるかに低いため、できれば飲ませない方が良い」ということを言われたのです。

また、一度お酒の味を覚えた犬は、今度は自分からアルコールを欲しがる行動を見せることもあるようです。ただし、前述のように、犬のアルコール分解力は人間よりもはるかに低いため、できれば飲ませない方が良いでしょうね。でも、酔っ払ったワンちゃんって、意外と可愛いんですよ…。ついつい飲ませてしまうのは、飼い主として失格なのでしょうか…?

[PR]労働金庫の転職情報を探そう!




▲このページの上部へ