二日酔い.com


二日酔いに関する情報をご紹介

【二日酔いの基礎知識】

二日酔いの原因

お酒を大量に飲んだ次の日に悩まされるのが「二日酔い」ですね。「頭痛」や「吐き気」など、毎日のようにこれらの症状に苦しんでいる人もいることでしょう。しかし、大量にアルコールを摂取すると、なぜ二日酔いになるのでしょうか?またこの時、私たちの体内ではどのような「活動」が行われているのでしょうか?解消法や対策を練るには、二日酔いのメカニズムを勉強することも大切です。「まずは敵を知る」ということですね。

アルコールが体内に入ってくると、皆さんもご存知の通り「肝臓」に送られます。肝臓には、アルコールを「二酸化炭素」と「水」に分解する働きを持っており、寝ている間に完全に分解されるなら、二日酔いになることはありません。しかし、大量にアルコールを摂取すると、時として就寝中に「分解しきれない」ということがあり、これが二日酔いの症状を引き起こすのです。

アルコールは、じつは人間の体にとって有害なものなのです。「酒は百薬の長」と言いますが、これはあくまでも「少量のアルコール」を摂取した時に言えるものであり、大量に摂取すると体に様々な害を及ぼすとされています。

したがって、お酒を飲むのは構わないのですが、「肝臓で分解できる限界」を超えて飲まないことが大切なんですね。具体的には、アルコールを分解してくれる「アセトアルデヒト脱水素酵素」の限界を知ることが大切なんですよ。社会人になると、飲みに行く機会も多くなると思いますが、自分自身の経験則から、「これ以上飲んだらマズイな…」というのが分かってくると思います。その限界をしっかりと把握して、「自分の肝臓で分解できる程度の飲酒」を心がけておきましょう。こうすることで、二日酔いに悩むことなく、「楽しいお酒ライフ」を送ることが出来るんですね。

[PR]獣医さんの転職情報をこちらで探してみませんか?




▲このページの上部へ