二日酔い.com


二日酔いに関する情報をご紹介

【二日酔いの基礎知識】

二日酔いとは?

お酒を大量に飲んだ次の日、「ひどい胸焼け」がしたり、あるいは「頭痛」や「吐き気」に悩まされますよね。飲んでいる時は楽しい気分なのに、1日寝ただけで地獄のような日が始まる、これが「二日酔い」です。しかし、そもそも二日酔いとはどのような現象なのでしょうか?そこで、対策や解消法などを勉強する前に、二日酔いそのものについて少し勉強してみましょう。

「二日酔い」とは、アルコールが完全に分解されていない状態のことです。人間は、人によって違いますが、限られた時間内で分解できるアルコールの量に限界があるんですね。つまり、その限界を超えてアルコールを摂取すると、分解・排出し切れなかった分が二日酔いの症状として現れるのです。

そもそも、アルコールは人体にとって「有害」なものなのです。したがって、体内に侵入してきた有害物質を、体は一生懸命になって分解しようとするんですね。「酒は百薬の長」とよく言いますが、一定量のアルコールであれば、逆に血行を促進して健康を促す効果があります。毎日コップ1杯の日本酒を飲む人の肌を見ても「スベスベ」していますし、内蔵も健康そのものなんですね。しかし、それ以上に飲み続けると、徐々に内蔵などに負担をかけていき、最終的には「どうしようもない状態」になってしまうのです。

とくに怖いのが「すい臓」ですね。お酒を大量に飲むと、「肝臓が悪くなる」とよく言いますが、それがもっと悪化すると、すい臓に大きな負担をかけることになります。これがさらに悪化すると大変ですよ。すい臓は、一度破壊されると二度と再生できないため、一生、「壊れかけのすい臓」と付き合って生きていくことになるのです。

かといって、まったく飲まないわけにはいきませんよね。社会人の方であれば、付き合いで飲むことも多いでしょう。また、「これ以上飲むと…」と分かっていても、ついつい飲んでしまうこともあります。もちろん、「飲みすぎない」を心がけるのが一番なのですが、二日酔いの解消法などを勉強して、ぜひ楽しい「呑兵衛ライフ」を送りましょう!

[PR]整形外科医の求人を探すならこのサイトから始めよう!


▲このページの上部へ